患者個々を考慮した医療のこと。患者の生活環境、遺伝、後天的な体質(私生活の影響などにより獲得した体質等)などを考慮します。
 がん分野では患者ごとのがんの性質により分子標的薬を使用したり使用したりするのも一種のテイラーメイドといえます。
 現在、がん患者の遺伝子のデータベースを構築して、将来は患者ごとに適した医療を実現する動きが注目されているが、テーラーメイドはコスト高となるため、医療経済上の課題が多いです。


人気記事