TAEとは肝臓がん(肝がん)の治療法の一つで、肝動脈塞栓術(transcatheter arterial embolization)の略です。
肝がんは、進行すると肝動脈の血流が豊富になり、腫瘍への栄養を供給するようになります。

 TAEは足の付け根の動脈からカテーテルを挿入し、肝臓内の腫瘍を栄養する細い動脈までカテーテルを進めます。そこで動脈の血流を遮断し、腫瘍細胞を壊死させる方法です。がん以外の全身の副作用が少ないという利点がありますが、カテーテルを挿入するという手術による副作用には注意が必要です。このとき同時に抗がん剤を注入する治療法をTACE(てーす)といいます。

作成:株式会社インテリム
logo

×

人気記事

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »