台風19号による被害を受けられた皆様へ

スティーブンス-ジョンソン症候群


  • [公開日]2018.01.30
  • [最終更新日]2018.01.30

スティーブンス-ジョンソン症候群とは、生命を脅かす皮膚疾患が生じたもので、典型的な症状としては、皮膚の剥奪、発熱、全身の痛み、平坦な赤い発疹、粘膜の水泡とびらん等があります。一般的に薬または感染が原因となって発症します。原因となる薬で一般的なものは、サルファ剤などの抗菌薬、フェニトインやカルバマゼピンなどの抗痙攣薬、ピロキシカムやアロプリノール等があります。

 
作成:株式会社インテリム
logo

×