標準療法とは、「数々の臨床試験により認められた 現時点で最も効果的で安全だと考えられる治療」のことです。

海外では、全米を代表とするがんセンターで結成されたガイドライン策定組織『NCCN(National Comprehensive Cancer Network)』や日本の各学会から標準療法を示したガイドラインが作成されています。

一方、気を付けて頂きたいのが、「最新治療」と呼ばれる言葉です。

「最新治療」は「標準治療になり得るかもしれない治療法」であり、科学的根拠に乏しい治療です。
よって、「効果があるのか?」、「安全なのか?」といったデータは乏しく、全く効果が無い可能性があります。

また、「先進医療」と呼ばれる言葉がありますが、こちらも保険適応されていないが、国が混合診療を認めた治療法のことです。

多くのケースで「標準療法」>「先進医療」>「最新治療」となります。

■参考:ガイドライン

Minds ガイドラインセンター(患者向け):http://minds.jcqhc.or.jp/n/#
癌治療学会:http://www.jsco-cpg.jp/
NCCN日本語版:https://www.tri-kobe.org/nccn/

×

記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »