標準療法とは、「数々の臨床試験により認められた 現時点で最も効果的で安全だと考えられる治療」のことです。

海外では、全米を代表とするがんセンターで結成されたガイドライン策定組織『NCCN(National Comprehensive Cancer Network)』や日本の各学会から標準療法を示したガイドラインが作成されています。

一方、気を付けて頂きたいのが、「最新治療」と呼ばれる言葉です。

「最新治療」は「標準治療になり得るかもしれない治療法」であり、科学的根拠に乏しい治療です。
よって、「効果があるのか?」、「安全なのか?」といったデータは乏しく、全く効果が無い可能性があります。

また、「先進医療」と呼ばれる言葉がありますが、こちらも保険適応されていないが、国が混合診療を認めた治療法のことです。

多くのケースで「標準療法」>「先進医療」>「最新治療」となります。

■参考:ガイドライン

Minds ガイドラインセンター(患者向け):http://minds.jcqhc.or.jp/n/#
癌治療学会:http://www.jsco-cpg.jp/
NCCN日本語版:https://www.tri-kobe.org/nccn/


人気記事