鎌状赤血球貧血(かまじょうせっけっきゅうひんけつ)は溶血性貧血の一種でもともとアフリカ熱帯地方の黒人に多発する遺伝性疾患で三日月形細胞貧血とも呼ばれます。
赤血球中に含まれるヘモグロビンに遺伝性の障害を持つことで血管に血栓をつくりやすいのが特徴です。そのため種々の臓器や組織の循環障害が起ります。主な臨床症状としては貧血,黄疸,白血球増加,腹痛などが現れます。”

 
作成:株式会社インテリム
logo

×

記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »