「がん領域の自由診療の実態調査」のアンケートにご協力下さい

鎌状赤血球貧血(SCA)


  • [公開日]2018.02.21
  • [最終更新日]2018.02.21

鎌状赤血球貧血(かまじょうせっけっきゅうひんけつ)は溶血性貧血の一種でもともとアフリカ熱帯地方の黒人に多発する遺伝性疾患で三日月形細胞貧血とも呼ばれます。
赤血球中に含まれるヘモグロビンに遺伝性の障害を持つことで血管に血栓をつくりやすいのが特徴です。そのため種々の臓器や組織の循環障害が起ります。主な臨床症状としては貧血,黄疸,白血球増加,腹痛などが現れます。”

 
作成:株式会社インテリム
logo

×