センチネルリンパ節生検は、手術中にセンチネルリンパ節を特定し、転移の有無を確かめる検査のことです。センチネルリンパ節とは、腫瘍組織から流れ出たリンパ液が最初に到達するリンパ節のことです。このリンパ節に転移がなければ、これより遠位のリンパ節には転移はありません。そこで、ラジオアイソトープや色素を用いてセンチネルリンパ節を特定し、そのリンパ節への転移を検査することで、リンパ節廓清を実施するか否かを決定します。これにより、転移していないリンパ節まで不必要に廓清することがなくなります。

作成:株式会社インテリム
logo


人気記事