スクリーニング検査は、まだ症状が出ていない人に対して病気の可能性があるか調べるために行う検査のことです。がんのスクリーニング検査(がん検診)には、バリウム検査(胃がん)、胸部X線検査(肺がん)、便潜血検査(大腸がん)、マンモグラフィー検査(乳がん)、前立腺特異抗原(PSA)の血液検査(前立腺がん)などがあります。

作成:株式会社インテリム
logo


人気記事