RAS遺伝子とはがん遺伝子のひとつで、細胞増殖を促進するシグナルを、細胞内で伝達するという役割を持つRASタンパクを作り出す遺伝子です。RAS遺伝子にはKRAS遺伝子、NRAS遺伝子、HRAS遺伝子があります。

がん細胞が増えるメカニズムのひとつとして、細胞表面にある上皮成長因子受容体(EGFR)の関与が知られています。人の体内には細胞の増殖や成長を制御する上皮成長因子(EGF)というタンパク質がありますが、EGFとEGFRが結合すると、細胞内のRASタンパクが活性化されて、細胞を増殖させるシグナルが伝達されます。通常はRAS遺伝子が細胞の増殖を制御していますが、RAS遺伝子に変異が生じると、EGFとEGFRが結合していなくても、「細胞を増殖せよ」というシグナルが出され続け、がん細胞の増殖が活性化され続けることになります。

作成:株式会社インテリム
logo

×

人気記事