放射線治療とは、がん治療として単独で行う場合もありますが、
薬物療法(抗がん剤治療)や手術など、他の療法と併用する場合に行います。
手術との併用では再発を防ぐために手術の前後に行われたり、
膵臓がんなどでは手術中にがんに放射線を当てることもあります(術中照射)。
このほか、骨に転移したがんによる痛みを和らげたり、
神経を圧迫してしびれや痛みの原因になっいるがんを治療する場合にも行われます。
治療の進め方は、放射線診断医・治療医、外科医、薬物療法を担当する腫瘍内科医など
それぞれの専門家が集まって検討されます。
 
作成:株式会社インテリム
logo

×

記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »