【4/2@京都】ノーベル賞受賞記念スピーチ“本庶 佑先生の偉業を称え、感謝を伝える会”開催

部分奏効 Partial Response PR パーシャルレスポンス


  • [公開日]2016.10.31
  • [最終更新日]2017.10.12

部分奏効とは、治療に対する反応で全てのがんは消失しなかったけど、治療前に比べてがんの大きさが縮小した状態が、ある一定期間継続することです。英語表記でPartial Responseパーシャルレスポンス)、略してPR(ピーアール)、日本語では部分奏効といいます。

固形がんの場合は、基本「標的病変の径の和が30%以上減少したら部分奏効とみなす」など、RECIST(れしすと)というガイドラインをもとに定義されています。また悪性リンパ腫や多発性骨髄腫などの造血器の悪性腫瘍の場合、「がん化した造血器細胞の比率が○○%まで減少した」など、各ガイドラインで規定されています。

通常、部分奏効は抗がん剤の効果があったと判定され、さらに治療の継続が行われます。

なお、がんが消失した状態を完全奏効(CR)といいます。

作成:株式会社インテリム
logo

×

記事ランキング