ピラルビシン塩酸塩は抗悪性腫瘍薬のひとつで、アントラサイクリン系抗生物質製剤に分類される殺細胞性抗悪性腫瘍薬です。日本ではピラルビシン、テラルビシンという商品名で市販されています。
作用機序としては、がん細胞のDNAと結合しDNAおよびRNAの合成を阻害し、がん細胞の分裂を阻害する。
また、トポイソメラーゼⅡという酵素を阻害することにより、DNAの転写や複製を妨げることにより殺細胞効果を発揮すると考えられています。適応は急性白血病、悪性リンパ腫、乳がん、卵巣がん、胃がん、肝がん、尿路上皮がんなどがあります。他のアントラサイクリン系薬剤と同様に、注意すべき副作用に心毒性があり、総投与量に注意が必要です。

 
作成:株式会社インテリム
logo

×

記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »