術中洗浄細胞診とは、手術の際に胸腔や腹腔内に生理食塩水を注入し、攪拌などの操作をしない状態で洗浄液を回収し、肉眼的に明らかでないがん細胞を顕微鏡で観察して見つけようとする検査方法です。がん細胞が胸腔や腹腔に認められた場合、がんが胸膜や腹膜を突き破って進行していることを示し、転移している可能性が極めて高くなります。


人気記事