がんにおける進行とは、胃がんや肺がんなどの固形がんでは「がんが大きくなる」
血液がんでは血中の「がん細胞の数が多くなる」
固形がん・血液がん共通では「リンパ節や多臓器に転移してしまう」ことをいいます。
英語ではProgressive Disease(PD)といいます。
なお、腫瘍縮小効果判定は「固形がんの治療効果判定のための新ガイドライン
(RECIST ガイドライン)」にもとづいて行いますが、当ガイドラインにおいてPDは
「経過中の最小の径和(ベースライン径和が経過中の最小値である場合、これを最小の径和とする)に比して
標的病変の径和が20%以上増加、かつ、径和が絶対値でも5 mm 以上増加」と定義されています。
 
作成:株式会社インテリム
logo

×

記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »