オゾガマイシンは抗腫瘍性抗生物質であるカリケアマイシンの誘導体です。
細胞内に取り込まれると、細胞障害性を有するカリケアマイシンが放出されて細胞を破壊します。

急性骨髄性白血病細の治療薬として承認されているゲムツズマブオゾガマイシン(商品名:マイロターグ)に含まれています。急性骨髄性白血病の細胞表面には“CD33”と呼ばれるタンパク質が顔を覗かせています。このCD33へ特異的に結合するよう開発された抗体のゲムツズマブにカリケアマイシンの誘導体であるオゾガマイシンを結合させ ゲムツズマブ(抗体)が細胞表面のCD33と結合したあとにオゾガマイシンが細胞内に取り込まれカリケアマイシンとして核内のDNAに取り付いて細胞を死滅させます。

作成:株式会社インテリム
logo

×

人気記事