オゾガマイシンは抗腫瘍性抗生物質であるカリケアマイシンの誘導体です。
細胞内に取り込まれると、細胞障害性を有するカリケアマイシンが放出されて細胞を破壊します。

急性骨髄性白血病細の治療薬として承認されているゲムツズマブオゾガマイシン(商品名:マイロターグ)に含まれています。急性骨髄性白血病の細胞表面には“CD33”と呼ばれるタンパク質が顔を覗かせています。このCD33へ特異的に結合するよう開発された抗体のゲムツズマブにカリケアマイシンの誘導体であるオゾガマイシンを結合させ ゲムツズマブ(抗体)が細胞表面のCD33と結合したあとにオゾガマイシンが細胞内に取り込まれカリケアマイシンとして核内のDNAに取り付いて細胞を死滅させます。

作成:株式会社インテリム
logo

×

記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »