オラパリブ(リンパルザ)はPARP(poly ADP ribose polymerase、ポリADPリボースポリメラーゼ)の働きを抑える薬です。PARPはDNA損傷を修復する酵素で、もう一つのDNA修復酵素であるBRCA1やBRCA2に変異を持つがん細胞では、PARPを抑えるとDNA損傷が修復ができなくなり、その結果、細胞死が起こると考えられています。

BRCA1、BRCA2の変異は、乳がんや卵巣がんを引き起こすと考えられており、この遺伝子に変異がある患者さんは、乳がんの罹患率が非常に高いことが知られています。アメリカ、ヨーロッパでは「生殖細胞系BRCA 遺伝子変異陽性進行卵巣がん患者」の治療に対し、承認されています。

作成:株式会社インテリム
logo


人気記事