NK細胞(ナチュラルキラー細胞)は免疫細胞(白血球)の1種であり、T細胞やB細胞と同じリンパ球に属しています。NK細胞はウイルスや細菌などの微生物に感染した細胞を見つけ出し、その細胞を殺傷します。同じリンパ球のT細胞やB細胞は特定の敵が侵入した場合に初めて活性化されますが、NK細胞は、常に活性化した状態で全身をパトロールしており、感染細胞を見つけ次第攻撃します。この特性から、生まれつきの(ナチュラル)殺し屋(キラー)細胞と名付けられました。

この他にも、NK細胞は抗体が結合している細胞を認識し、その細胞を殺傷する働きも持っており、これは、ADCC活性(Antibody-Dependent-Cellular-Cytotoxicity:抗体依存性細胞傷害)と呼ばれています。基礎研究で、NK細胞ががんの発生を抑えている可能性が示されており、NK細胞を活性化させる治療法の開発が進められています。

作成:株式会社インテリム
logo

×

人気記事