<6月8日(土)開催! 胃がんキャラバンin大阪>

骨髄抑制


  • [公開日]2018.01.30
  • [最終更新日]2018.01.30

骨髄抑制とは白血球や赤血球、血小板などの血液細胞を作る機能が障害されること、又はその状態のことをいいます。白血球などの血液細胞を作りだす細胞のことを造血細胞といい、その大元となる細胞は造血幹細胞です。がんの治療で使われる抗がん剤の多くは、その副作用として造血幹細胞などを血液を作る細胞を傷害します。なので多くのがん患者さんは抗がん剤治療が開始されると、血液中の白血球や血小板などが減少します。造血幹細胞をはじめ血液を作る細胞のほとんどは、骨髄という骨の中にある組織に存在しているので、血液を作る機能が障害されることを骨髄抑制といいます。

 
作成:株式会社インテリム
logo

×