骨髄抑制とは白血球や赤血球、血小板などの血液細胞を作る機能が障害されること、又はその状態のことをいいます。白血球などの血液細胞を作りだす細胞のことを造血細胞といい、その大元となる細胞は造血幹細胞です。がんの治療で使われる抗がん剤の多くは、その副作用として造血幹細胞などを血液を作る細胞を傷害します。なので多くのがん患者さんは抗がん剤治療が開始されると、血液中の白血球や血小板などが減少します。造血幹細胞をはじめ血液を作る細胞のほとんどは、骨髄という骨の中にある組織に存在しているので、血液を作る機能が障害されることを骨髄抑制といいます。

 
作成:株式会社インテリム
logo

×

記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »