単剤療法とは病気に対する薬物治療をするにあたり、1種類の薬剤のみを用いて行う薬物療法のことをいいます。この場合、その1種類の薬剤の副作用をコントロールする支持療法のために投与される薬剤は数に含まれません。単剤療法の対義語として、数種類の薬剤を併用する多剤併用療法があります。

単剤療法のメリットは投与される薬剤が一つなので、多剤併用療法に比べ、一般的に副作用の発現頻度と重篤度が低いことがあげられます。一方デメリットとしては、患者の体内にその薬剤に対する耐性が発現した場合、薬物投与による治療効果が期待できないなどがあげられます。

作成:株式会社インテリム
logo

×

記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »