【4/2@京都】ノーベル賞受賞記念スピーチ“本庶 佑先生の偉業を称え、感謝を伝える会”開催

骨髄異形成症候群(MDS)


  • [公開日]2018.01.30
  • [最終更新日]2018.01.30

骨髄異形成症候群MDS)とは、骨髄の中にある血液を作り出す大元の細胞である造血幹細胞が腫瘍化することにより、白血球や赤血球や血小板などの血球が減少してしまう病気の総称です。これらの病気や症状はひとつではなく、様々な名前の病気が複数あるので、それらを纏めて骨髄異形成症候群と呼んでいます。多くはすべての血球が減少するのですが、赤血球を作る系統が大きく障害されると貧血の症状が強く出て、白血球の系統が障害されると白血病の前段階という状態になります。症状の程度も様々で比較的リスクが低い患者さんには、輸血や赤血球を増やす薬が投与され、リスクが高い患者さんには抗がん剤を使った治療や造血幹細胞移植という治療法が選択されます。

 
作成:株式会社インテリム
logo

×

記事ランキング