メンテナンス療法とは治療によって病状が安定したあとに、その状態の維持や再発予防などのために継続して行う治療のことです。がん治療では手術や抗がん剤投与により、がんの縮小が確認されたり進行が止まるなど、治療による効果が確認されたあと、再発や進行を出来る限り遅らせる目的でメンテナンス療法を行なわれます。

従来血液がんの治療でよく行われていましたが、肺がんでも生存期間や無増悪生存期間が延長したとの報告が注目を集めています。がんに対するメンテナンス療法は、生存期間の延長がもたらされるならば新たな可能性となりますが、高額な治療費の負担や治療にともなう副作用というデメリットも考慮する必要があると言われています。

作成:株式会社インテリム
logo

×

記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »