ラテント癌とは、死亡後の解剖で初めて見つかるがんのことです。特に前立腺がんは進行が遅く、初期であれば臨床症状も認められないため、前立腺がんとなっていても生きている間はそれに気づかず生活されているケースが多く認められます。がん以外の病気で亡くなった男性を解剖すると、70歳を超えた人の20~30%、80歳を超えた30~40%が前立腺がんを持っているといわれています。

×

記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »