肝移植は、患者さんの肝臓を全部摘出したのち、健常人の健康な肝臓の一部を移植する治療法です。がん治療では、65歳以下で肝障害度分類がC、腫瘍数が3個以下で大きさが3 cm以下(腫瘍数が1つの場合は5 cm以下)の患者さんに適応されます。

肝臓を入れ替えるので、肝がんと肝硬変を根治できる可能性がある治療法ですが、健常人から肝臓の提供を受ける必要があり、手術直後の合併症(拒絶反応、感染症など)のリスクや、免疫抑制剤を一生飲み続ける必要があるなど課題もあります。

作成:株式会社インテリム
logo

×

人気記事

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »