国際多施設共同試験とはグローバルスタディとも呼ばれ新薬の治験を世界規模で実施し、同時に承認を目指す方法を言います。試験データーを共有することで各国の承認申請を陣族に行うことができ、新薬承認の遅延―ドラッグ・ラグの解消や、治験時間の短縮が期待できます。

現在は、大手製薬企業を中心にグローバル スタディが積極的に進められているが日本は治験担当医師によるデータの見方やモニタリング方法が違うといった点からグローバルスタディーへの参加で遅れをとっている事が課題である。

作成:株式会社インテリム
logo

×

人気記事