インターフェロン(IFN)とは元々、ウイルスの働きを抑制する因子として発見されたサイトカインの一種です。その後の研究で細胞増殖抑制作用、免疫を調整する作用など様々な働きがあることがわかってきました。特に抗腫瘍効果が発見されてからは抗がん剤として使用されており、現在、IFNαは腎細胞がん、一部の血液がんに、IFNβは悪性黒色腫、悪性脳腫瘍に、IFNγは皮膚T細胞性リンパ腫に使用されています。

作成:株式会社インテリム
logo


人気記事