【4/2@京都】ノーベル賞受賞記念スピーチ“本庶 佑先生の偉業を称え、感謝を伝える会”開催

低リン酸血症


  • [公開日]2018.02.01
  • [最終更新日]2018.02.01

低リン酸血症とは、血清(血液が凝固し、上澄みにできる淡黄色の液体成分のこと)中のリン酸の濃度が低い状態のことです。リンは、腸管から吸収され、尿中に排泄されます。血清中のリン濃度は、主に腎からのリン排泄によって規定されています。急性で高度の低リン酸血症では、組織の低酸素症を生じて、横紋筋融解症、心不全、呼吸筋障害、溶血、白血球・血小板低下などを引き起こします。また、低リン酸血症は、昏迷、昏睡、イレウスも引き起こします。

作成:株式会社インテリム
logo

×

記事ランキング