ホルモン療法とは、癌の増殖に関与するホルモンの産生を抑える薬や、ホルモンが受容体に作用するのを抑える薬を用いて癌の治療を行うことです。ある種の癌は性ホルモンに依存して増殖することが知られています(アンドロゲンにより増殖する前立腺癌や、エストロゲンによって増殖する乳癌など)。これらのホルモンの働きを抑えることで、がんの増殖を阻害します。

作成:株式会社インテリム
logo


人気記事