HLAHuman Leykocyte Antigen)とは、日本語でヒト白血球型抗原といい、組織適合抗原のことです。

赤血球にはA型、B型、AB型、O型などの血液型がありますが、同様に白血球をはじめとする全身の細胞にHLAが存在します。
 
白血病などで造血幹細胞移植をするときは、患者さんと骨髄を提供するドナーのHLAの型が一致する割合が関係してきます。

造血幹細胞移植ではHLA型のA座、B座、DR座という3座(6抗原)の一致する割合が重要だとされています。HLA型は両親から各座の半分ずつを遺伝的に受け継ぐため、兄弟姉妹の間ではHLA型が一致するドナーが4分の1の確率で見つかります。しかし、多くの患者さんは家族内にHLA型が適合するドナーを持っていません。 また、骨髄バンクなどの非血縁者間では、数百から数万分の1の確率でしか一致しないのが現状です。

作成:株式会社インテリム
logo

×

人気記事

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »