【12/26(木)開催 OMCEセミナー『 がんの臨床試験(治験)』申込み受付中!】

ハイリスク症例


  • [公開日]2018.06.07
  • [最終更新日]2018.06.07

ハイリスク症例は、合併症など様々な問題を抱えるがん患者さんで、患者も医療者もギリギリの判断が求められます。
例えば「肝障害や腎障害のある患者さん」「肺線維症があったり、腹水が貯留していたり、感染症を併発している場合」「心疾患や糖尿病で治療中の患者さんの抗がん剤投与」「 薬剤過敏の既往がある場合の薬物相互作用のある薬剤の投与」「高齢者や高度肥満患者への抗がん剤投与量」「妊娠中や透析中の抗がん剤投与の仕方」そのほか「心不全を患う患者、または外科手術後に心臓デバイスもしくは心臓ポンプを装着した患者」「外科手術を受ける直前の患者、および心臓の事象に対して高度な危険性にある患者」など数限りなく存在する患者さんにおけるリスクが髙い状態をいいます。

 
作成:株式会社インテリム
logo

×