HER2とは(ハーツーとは)、細胞の増殖に関与するとされるタンパク質のことです。

正常な細胞にもわずかに存在し、細胞の増殖調節能をになっていると考えられていますが、過剰に発現、活性化することで細胞の増殖制御ができなくなりがん化します。

HER2陽性の乳がんは 以前は難治性の乳がんとされていたがHER2に対するモノクローナル抗体トラスツズマブ(ハーセプチン)等が導入され治療成績は大幅に改善さました。

なお、HER2は「ヒト上皮細胞増殖因子受容体」とよく似た構造であり、同様の仲間であるHER1(EGFR)、HER3、HER4と併せてHERファミリーと呼ばれます。

HER2陽性率が高い腫瘍としては、乳がんや胃がんなどがあります。乳がんでは15~30%、胃がんでは20~25%程度がHER2陽性であるといわれています。

human epidermal growth factor receptor type2(ヒト上皮細胞増殖因子受容体2)の略語(human EGF recpter2→HER2)となり、同じような構造と機能をもつタンパクとして、EGFR(いーじーえふあーる;epidermal growth factor receptor)等があります。余談ですが、EGFRの方がHER2よりも先に発見されてHER1ともいわれています。

×

記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »