重粒子線とは、放射線の一種で、ヘリウムより重い炭素、ネオン、アルゴンなどの粒子線を指します。同じ放射線であるX線と比べて、細胞を殺す能力は強力です。また、ある一定の距離までは作用が弱く、消滅する直前に強いエネルギーを発するという特徴を持ちます。この特徴から、手術が困難な脳腫瘍や、すい臓がん、肝臓がんなどの治療に用いられています。


人気記事