グリーソンスコアは、前立腺がんの悪性度を病理学的に分類したものです。針生検で組織を採取し、顕微鏡でがんの悪性度を検査します。まず、検査する組織の悪性度を領域ごとに5段階(1が悪性度が低く、5が悪性度が高い)に分類します。

5段階に分類した各領域のうち、最も面積の大きかった領域と2番目に面積の大きかった領域の悪性度(1~5)を合計した値がグリーソンスコアです。2~10までの9段階に分類され、6以下は、比較的進行の遅い高分化型、7は中等度の悪性度、8以上は悪性度の高い低分化型と判断します。PSAの値と、がんの悪性度を示すグリーソンスコア、がんの進行度を示す病期分類(TNM分類)を用いて前立腺がんのリスクを分類し、治療方針の選択に用います。

作成:株式会社インテリム
logo

×

記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »