妊孕性(にんようせい)とは、妊娠する能力のことです。近年、医療の進歩により、がんを克服する患者さんが増加していることから、治療後の生活の質QOL)にも目を向けられるようになってきています。がん治療では、手術や抗がん剤、放射線照射などにより、若年の患者さんの妊孕性を失わせてしまう可能性があります。このような患者さんのQOL改善のため、がん治療後の妊孕性を温存するための治療法も開発されつつあります。

作成:株式会社インテリム
logo

×

記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »