妊孕性(にんようせい)とは、妊娠する能力のことです。近年、医療の進歩により、がんを克服する患者さんが増加していることから、治療後の生活の質(QOL)にも目を向けられるようになってきています。がん治療では、手術や抗がん剤、放射線照射などにより、若年の患者さんの妊孕性を失わせてしまう可能性があります。このような患者さんのQOL改善のため、がん治療後の妊孕性を温存するための治療法も開発されつつあります。

作成:株式会社インテリム
logo


人気記事