不完全切除とは、手術にて腫瘍が完全にとり切れなかったことです。肉眼でとり切れなかった場合の他、顕微鏡で確認しても腫瘍が残っていた場合のこともいいます。肉眼でも腫瘍が残存していることがわかる場合をR2(あーるつー)切除といい、顕微鏡で切断面を確認した場合に腫瘍が認められなかった場合や洗浄細胞(手術時に洗浄した液体の中の細胞)に腫瘍細胞が認められた場合をR1(あーるわん)切除といいます。

一方、完全に腫瘍を取り除いたということを完全切除やR0(あーるぜろ)切除といいます。


人気記事