整容性とは手術のがん切除などにより引き起こされる身体的な変形や凹みに対して、姿や形が整えることまたはその状態のことをいいます。整容性が問題になるがん治療として、代表的なものに乳がんの手術があります。今から20年程前までは、がんになった乳房を全て取り去る乳房切除術が標準手術とされてきました。その後、できるだけ手術前の姿に近い状態で残すことを目的として、乳房の一部を切除する乳房温存手術でも、放射線治療を組み合わせることで、乳房切除術と同等の生存率が得られることが証明されています。現在、がんの根治性だけでなく患者さんの術後のQOLの向上に配慮した整容性の問題も重要視されています。

 
作成:株式会社インテリム
logo

×

記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »