併用療法とは、複数の治療を同時や逐次に行う治療法や1回の薬物療法で複数のお薬を投与する治療です。併用療法が行われる主な目的は、1剤での治療と比べて有害事象をできるだけ増やさないようにしながら効果を高めることです。複数の治療法の併用療法としては、放射線療法と薬物療法があります。それぞれの治療を行うタイミングはがんの種類によって異なります。また、1回の薬物療法で複数のお薬を投与する場合ですが、点滴+点滴の場合もありますが、点滴+飲み薬、飲み薬+飲み薬のようにいろいろな組み合わせで併用での治療が行われます。

作成:株式会社インテリム
logo

×

記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »