慢性期とは、病状は比較的安定しているものの、治癒するまでに至らない状態が続いている時期のことをさします。慢性期のほかに、症状の経過時期・必要とされる処置内容に応じて、症状が急激に現れる急性期、危機状態(急性期)から脱し身体機能の回復を図る回復期、病気が治る可能性がなく数週間~半年程度で死を迎えるだろうと予想される終末期などがあります。慢性期には病気の再発予防や身体機能の維持・改善を目指しながら、長期的な看護、治療を行っていく必要があります。

作成:株式会社インテリム
logo

×

人気記事

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »