BRAF阻害薬とは、BRAF遺伝子変異に伴い発現する、がん細胞を増殖させる酵素を抑制する薬剤です。

BRAF遺伝子に変異をきたすと細胞分裂が止まらなくなり、また本来自然死べきである細胞も生き残るため、特にがん細胞が無制限に増殖してしまいます。

BRAF阻害薬はメラノーマ(悪性黒色腫)のがん細胞の増殖に関与していると言われている、V600という酵素の働きを阻害してメラノーマの増殖を抑えます。

代表的なBRAF阻害薬
ベムラフェニブ 商品名:ゼルボラフ
ダブラフェニブ 商品名:タフィンラー

作成:オンコロジー特化CRO 株式会社インテリム
logo

banner_onc_seminar-top

×

人気記事

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »