BRAF阻害薬とは、BRAF遺伝子変異に伴い発現する、がん細胞を増殖させる酵素を抑制する薬剤です。

BRAF遺伝子に変異をきたすと細胞分裂が止まらなくなり、また本来自然死べきである細胞も生き残るため、特にがん細胞が無制限に増殖してしまいます。

BRAF阻害薬はメラノーマ(悪性黒色腫)のがん細胞の増殖に関与していると言われている、V600という酵素の働きを阻害してメラノーマの増殖を抑えます。

代表的なBRAF阻害薬
ベムラフェニブ 商品名:ゼルボラフ
ダブラフェニブ 商品名:タフィンラー

作成:オンコロジー特化CRO 株式会社インテリム
logo

banner_onc_seminar-top


人気記事