血管新生とは、既存の血管からして伸長して新しい血管を形成することです。がんが大きくなるには酸素や栄養が必要となります。これらは血液により供給されるため、がんが大きく成る際には新たな血管の形成が必要となります。よって、一部のがん細胞は血管を作り出すために血管内皮細胞増殖因子VEGF)と呼ばれるタンパク質を生成して、血管を形成します。

×

記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »