血管新生とは、既存の血管からして伸長して新しい血管を形成することです。がんが大きくなるには酸素や栄養が必要となります。これらは血液により供給されるため、がんが大きく成る際には新たな血管の形成が必要となります。よって、一部のがん細胞は血管を作り出すために血管内皮細胞増殖因子(VEGF)と呼ばれるタンパク質を生成して、血管を形成します。


人気記事