生検とは病変部位から細胞の一部を採取し顕微鏡で病理組織学的に診断する検査のことです。検査の結果、本当に病気なのかを診断したり、病気の様子を確認することで、今後の治療方針を決定することができます。

生検には細胞に針を刺して組織を取る経皮的生検(針生検)、胃カメラなどの内視鏡検査の際に病変の一部を採取する内視鏡下生検、実際に開腹するなどして、手術のように行なう外科的生検があります。

作成:株式会社インテリム
logo

×

人気記事