【8月23日(金)/ 東京・日本橋】大腸がんセミナー参加申込受付中!

自家T細胞治療


  • [公開日]2019.03.18
  • [最終更新日]2019.03.18

自家T細胞治療とは患者のT細胞を採取し、対外でがん細胞などに対する免疫能を高める処置を行い、体内に戻してがんを攻撃する治療法のことをいう。

近年、キメラ抗原受容体発現T細胞(CAR-T)療法が注目されている。キメラ抗原受容体(CAR)とは抗原を認識する抗体と、T細胞表面に発現している受容体を細胞内シグナル伝達部位をつなぎ合わせた人工的な蛋白質で、CARを発現させたT細胞は、標的とするがん細胞表面の抗原を特異的に認識し、T細胞による攻撃力を高めると考えられている。

×