アロマターゼ阻害薬とはエストロゲン産生を抑制する薬剤です。

 乳がんは女性ホルモン(エストロゲン)に依存して増殖するホルモン依存性のがんであることが知られています。エストロゲン産生は閉経前であるか閉経後であるかにより大きくわかれます。
閉経前であれば卵巣よりエストロゲンが分泌されますが、閉経後は副腎由来の男性ホルモン(アンドロゲン)がアロマターゼという酵素によりエストロゲンに変換されます。

 アロマターゼ阻害薬は閉経後の方の男性ホルモン(アンドロゲン)からエストロゲンに変換するのに必要なアロマターゼを抑えることにより、エストロゲン産生を抑えることで乳がんの増殖を抑えます。

代表的なアロマターゼ阻害薬(2015年4月現在)
アナストゾール 商品名:アリミデックス
レトロゾール  商品名:フェマーラ
エキセメスタン 商品名:アロマシン

×

記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »