代謝拮抗剤は細胞傷害性抗がん剤の一種です。DNAの材料である塩基やその塩基の材料となる物質とよく似た構造をしています。構造が似ているため、塩基やDNAを合成する過程で誤って取り込まれ、その先の合成を停止させてしまいます。これによりDNAの合成できなくなり、細胞分裂が停止します。代表的な代謝拮抗剤として、消化器癌で広く使用されるフルオロウラシルが挙げられます。

作成:株式会社インテリム
logo

×

記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »