【8月23日(金)/ 東京・日本橋】大腸がんセミナー参加申込受付中!

抗原提示細胞


  • [公開日]2019.03.18
  • [最終更新日]2019.03.18

抗原提示細胞とは免疫系に関わる血球のひとつで、体内に侵入してきた細菌やウイルス感染細胞に反応し、これらの断片を抗原として自己の細胞表面上に提示し、免疫系の主要細胞であるT細胞を活性化する細胞である。

抗原提示細胞によって活性化されたT細胞は細菌やウイルス感染細胞を攻撃する。さらに抗原提示細胞はがん細胞にも反応し、がん細胞断片をT細胞に提示し、T細胞が活性化しがん細胞を攻撃する。現在、このがん免疫現象を応用したがん免疫療法が臨床の場で利用されている。

×