【プレゼントキャンペーン】がん研有明病院 高野先生書籍「がんとともに、自分らしく生きる~希望をもって、がんと向き合う「HBM」のすすめ~」

抗アポトーシス蛋白質


  • [公開日]2018.01.30
  • [最終更新日]2018.01.30

抗アポトーシス蛋白質は、不要な細胞や老化細胞、損傷細胞を除去するシステムである自然死(アポトーシス)を抑える働きをするタンパクです。反対にアポトーシスを促進するタンパクをアポトーシス促進性蛋白質と言います。この2種類のタンパクはお互いに結合して二量体を形成して、生存促進活性をブロックします。従って、アポトーシス促進性蛋白質と抗アポトーシス蛋白質の相対的な存在比が細胞のアポトーシスに対する感受性を決定します。

 
作成:株式会社インテリム
logo

×