アルキル化剤は細胞傷害性抗がん剤の一種です。DNAの塩基と共有結合できるアルキル基を複数持ち、塩基同士を結合させることができます。塩基同士が結合してしまうと、DNAの複製ができなくなり、細胞は死んでしまいます。第一次大戦中に化学兵器として使用されたマスタードガスの化学構造に由来しており、最も早くから使われてきた抗がん剤です。シクロフォスファミド(商品名:エンドキサン)やテモゾロミド(商品名:テモダール)などが含まれます。シクロフォスファミドは悪性リンパ腫の治療で用いられるCHOP療法の薬剤として有名です。(Cyclophosphamide: シクロフォスファミド、Hydroxydaunorubicin; ドキソルビシン(商品名:アドリアシン)、Oncovin: ビンクリスチン(商品名:オンコビン)、Prednisone: プレドニゾン)

作成:株式会社インテリム
logo

×

記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »