ステロイドとは、副腎から作られる副腎皮質ホルモンの1つです。ステロイドホルモンを薬として使用する目的としては炎症を抑えたり、免疫力を抑制したりする作用があり、がんだけでなくさまざまな疾患の治療に使われています。
がんの治療としては白血病(急性白血病、慢性骨髄性白血病の急性転化、慢性リンパ性白血病)
•悪性リンパ腫(リンパ肉腫症、細網肉腫症、ホジキン病、皮膚細網症、菌状息肉症)•乳がん•前立腺がん多発性骨髄腫•好酸性肉芽腫などに使用されます。

 
作成:株式会社インテリム
logo

×

人気記事

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »