がんの用語辞典インテリム
LINEで送る
Pocket

術後補助化学療法とは手術の後に抗がん剤の投与による治療のことです。英語でアジュバント化学療法(Adjuvant Chemotherapy)と言います。

がんを完全に治すには、原則手術でがんを完全に取りきることですが、手術で目に見えるがんを完全に取りきれた場合でも、目に見えない小さながん細胞が体内に残っている可能性があります。このように体内に残った小さながん細胞が、再発の原因となります。術後なるべく早期に抗がん剤による治療を開始して、十分な再発予防効果を得るために、一定期間の治療が行われます。

作成:株式会社インテリム
logo

LINEで送る
Pocket