新型コロナウイルスの流行に伴うイベントの開催可否について

【オンコロメルマガ】情報発信の難しさ [vol.170]


  • [公開日]2020.07.15
  • [最終更新日]2020.07.15

こんにちは、オンコロの山﨑です。

7月10日(金)に発毛で有名なリーブ21が、
抗がん剤治療による抜け毛・脱毛を防ぐ装置を開発したことを発表しました。
https://oncolo.jp/blog/20200713

この装置の原理は、頭部を冷却することによって血管を収縮させ、
薬剤が頭部へ回るのを抑制するというものです。

私はこの方法をきくと同時に「冷やす」ことが抗がん剤の副作用対策になる
という研究結果を思い出しました。
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2017/documents/171012_1/01.pdf

この結果に関しては、オンコロの中島が記事を書いています。
https://oncolo.jp/news/171130kn

確かに冷やすことで血管が収縮すれば、
しびれや痛みを和らげることができるかもしれません。

また、がんの疼痛に関して次のような対処法も挙げられています。
https://ganjoho.jp/public/support/condition/pain.html

手軽にできる対処法もあるのですが、留意すべきなのは個人差があるということ。

新たな装置や方法が次々と開発されて、
患者さんのQOLが向上するのは非常に喜ばしいのですが、
すべての方々をカバーするのは難しいということなのかもしれません。

それでも、がんに関するさまざまな情報を正しくお伝えするのが、我々の役割だと考えています。

これからも患者さんのお役に立てるような情報を発信してまいります。

山﨑 和樹

×