京都大学は、手足を冷却することで抗がん薬パクリタキセルの副作用である末梢神経障害(しびれ)を予防できることを確認し、本研究結果は、2017年10月12日に医学誌「Journal of the National Cancer Institute」(JNCI)に掲載された。
ニュース引用元:http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2017/171012_1.html

抗がん剤の副作用

パクリタキセルの重篤な副作用の一つである末梢神経へのしびれの対策として、手足を冷やすことで血流の流れを遅くさせ、抗がん剤が神経にまわりにくいようになるのではないか、という考えは以前から存在しており、全国の医療施設では数年前から外来化学療法室に常備している病院も少なくないと聞く。

自分が受けた当時の治療について振り返る。術前抗がん剤として、EC(薬剤名:エピルビシン塩素酸・シクロホスファミド)を3週間に1回を4クール、パクリタキセル(薬剤名:アブラキサン)を1週間に1回を3週連続・1週休薬を4クールを受けた。かかりつけ病院では、在庫数は潤沢ではなかったが冷却用グローブとソックスの用意があり、パクリタキセル投薬時は装着して治療を受けることができた。

アブラキサンの点滴時間は1時間もかからず、かつ始めの15分は吐き気止めを流すので、1回あたりの装着時間は短く済み、冷やすことで苦痛を感じる場面には至らなかった。

末梢神経のしびれは、箸が持てない、つまずきやすい、など日常生活の基本的な動作に支障が出る。手指の爪が10本はがれた、という深刻な副作用に苦しんだ人もいた。乳がんの患者会やサバイバーのブログでも、よくこの話題が取り上げられ、みなそれぞれに工夫をされている。

冷却用グローブやソックスがない病院で治療を受ける場合は、自宅から持参した二つの鍋つかみの中に保冷剤を入れ両手を冷やし、足元はアイスノンを踏みながら凌いだと聞く。

「冷やす」ことでQOLを保つ

この冷却用グローブ、ソックスは、アメリカのメーカーから日本国内の業者が輸入し、医療機関へ販売しており、キャップ(頭髪用)も取り扱いがある。
最近では日本のメーカーが低価格で製造販売を始めている、と外来担当の看護師さんから聞いた。

ただし前者は個人販売はされておらず、外来化学療法室にない病院で治療をしている場合は、主治医に依頼し診断書を提示すると購入が可能だそうだ。希望する場合は、主治医もしくは外来化学療法室の看護師に相談してみてはいかがだろうか。

冷却用キャップはまだ確たるエビデンスがないため、常備している病院は少ないと感じるが、氷枕をずっと当てている入院患者さんの後頭部の毛髪はわずかながらも残るので、冷やすことが脱毛に対し一概に全く効かない、というわけでもなさそうである。

「冷やすこと=血流を鈍くさせること」が末梢神経障害の予防になるのであれば、肌を締め付けることも同様の意味を持つ、市販の着圧ソックスを足のしびれ対策に用いている病院もある。

自分の治療薬剤を理解する

今回の研究発表は、患者のQOLを保ちながら安心して治療を受けられることに繋がり、非常に喜ぶべき発表である。

ただし、気をつけていただきたいのは、あくまでも「パクリタキセル」という抗がん剤に対しての副作用予防であることを留めておきたい。

すべての薬剤の副作用に末梢神経障害が起こるものでもなく、また抗がん剤を投与する際は冷やせばよい、ということでもない。まずは、自身で投与される薬剤をよく知ること、それに伴う副作用を理解すること、不明な点は主治医や看護師、がん拠点診療病院であれば、院内のがん相談支援センターでもよい。ネット情報をすべて鵜呑みにして自分に当てはめないでほしい。

自分のパクリタキセル投与時は、運よく手足を冷却することができた。残念なことに今でも指先のしびれが残り、紙をめくる動作が億劫になってしまったが、もし投与時に冷却していなかったら、もっと深刻な副作用が残ったかもしれない。同じ治療を受けていても、副作用はひとそれぞれに違って当然であるので、支障なく元の生活に戻ったサバイバーも、勿論大勢いる。

今回の研究結果により、パクリタキセルを投与される患者さんが平等の治療を受けられるよう、全国の医療機関に予防方法が浸透されることを期待する。

*イラスト:「乳がんと診断されたらすぐに読みたい本」 豊増さくらと乳がん患者会bambi*組 著より引用


この記事に利益相反はありません。

人気記事