【生放送】笠井信輔のこんなの聞いてもいいですか【2022】


  • [公開日]2021.12.28
  • [最終更新日]2022.01.17

笠井信輔のこんなの聞いてもいいですか【2022】とは

巷にあふれる健康・医療の情報は玉石混合。ときに惑わされ、正しい選択ができず悲しい思いをする患者さんがいらっしゃいます。

情報過多の世界で、何を信じたらいいのか。「笠井信輔のこんなの聞いてもいいですか」では、ご自身も悪性リンパ腫のサバイバーでいらっしゃるフリーアナウンサーの笠井信輔さんをホストに迎え、がんの基礎情報から生活の在り方まで、幅広い内容を共に学んでいきます。

開催3年目を迎える2022年も、生放送を基本に開催。全12回の予定で患者さんやそのご家族、医療従事者など、各回さまざまなゲストをお招きし、ライブ配信ならではの熱量でお届けいたします。

第1回:テーマ「患者報告アウトカム(PRO・ePRO)ってなんですか?」(2022年1月24日(月)20時~)

【生放送】2022年1月24日(月)20時~

2022年第1回目のテーマは、「患者報告アウトカムPRO・ePRO)ってなんですか?」。患者報告アウトカム(PRO:Patient Reported Outcome)とは、臨床試験において医師の評価ではなく、患者さん自らの評価や症状の訴えなどの報告のことを指します。近年ではデジタルデバイスを活用し、簡便に症状などの入力・報告ができる「ePRO」の研究開発も盛んに行われています。PRO、そしてePROが医療現場に浸透することは、患者さんにどのようなメリットをもたらすのか?最新の研究結果が持つ意味とは?笠井さんが患PROの意義に迫ります。

■配信URLはこちら⇓
https://youtu.be/g68zDCR5-Ow

■関連動画掲載ページ
患者さんと医療者をつなげるアプリePRO
https://oncolo.jp/epro/

ゲスト:山口 拓洋(やまぐち たくひろ)先生

東北大学大学院 医学系研究科医学部 医学統計学分野

平成6年3月東京大学医学部保健学科卒業後、平成9年8月からは 国立医薬品食品衛生研究所医薬品医療機器審査センター(現PMDA:独立行政法人医薬品医療機器総合機構)審査官として勤務。
その後、平成15年からは文部科学省在外研究員として欧州の臨床試験グループEORTC(European Organization for Research and Treatment of Cancer)他を経て、平成20年より東北大学大学院医学系研究科医学統計学分野 教授に就任。
現在、ePRO(患者報告アウトカムシステム)の普及・啓発のため厚生労働省科学研究費による研究責任者を務める。

ゲストアシスタント:佐藤 遥(さとう はるか)

social idol notall リーダー|ePROエバンジェリスト

東京都出身。
多彩な表情で、ステージを魅了するnotallのリーダー兼、国民的リーダー。
ライブ中のMCはもちろん、バラエティ番組のMCとしても定評がある。
青学卒の才色兼備タイプだが、おっちょこちょいな一面も…
いずれWALLOPの社長になる女とまことしやかにささやかれている。

Twitter公式アカウント
@Haruka26s

笠井信輔さんプロフィール


生年月日:1963年生まれ
出身地:東京都出身
血液型:A型(Rh-)
1987年フジテレビアナウンス部入社後2019年10月よりフリーになる。
趣味の映画鑑賞は新作映画を年間130本以上スクリーンで観るほど。
舞台鑑賞は特にミュージカル、とりわけ宝塚歌劇団好き。
趣味:映画鑑賞 舞台鑑賞 カラオケ

公式ブログ
https://ameblo.jp/shinsuke-kasai/
公式インスタグラム
https://www.instagram.com/shinsuke.kasai/
著書 生きる力 引き算の縁と足し算の縁
https://www.amazon.co.jp/生きる力 引き算の縁と足し算の縁

開催者情報

がん情報サイト「オンコロ」
認定特定非営利活動法人 西日本がん研究機構(WJOG)
エイツーヘルスケア株式会社
公益財団法人 神戸医療産業都市推進機構 医療イノベーション推進センター

×